Gジャン コーデ

Gジャンの進化形デニムジャケット

私たちにとって身近なアイテムであるGジャン。

 

そのGジャンの歴史は古く、その昔アメリカで生まれた作業着だと言われています。そのため作業に従事しやすいように、その名残があるGジャンですが、その仲間でもあるデニムジャケットが、たくさん登場してきました。

 

デザインもさまざまですが、デニム生地で作られたジャケットというくくりとしては、とても近い存在、仲間になるのかも。Gジャンデザインだと恥ずかしいけれど、デニムジャケットならチャレンジできるという大人の男性は多いのでは?

 

例えば、このようなライトオンスで軽いデニムジャケット。これはショップコートといって、Gジャンと同じく作業着として作られたもの。こんなにデザイン性の高いショップコートなら、すんなり着られそう。どんなアイテムにも合わせやすいですが、きれいめコーデがおすすめです。

 

ショップでチェック

クールにライダースデニムできめる

ライダースジャケットは大人気のアイテム。女性もロングのスカートにライダースジャケットを合わせるなどして、かわいくなりすぎないコーディネートを楽しんでいます。

 

このジャケットは、ダメージ加工が絶妙。首元もVゾーンの開きもきれいなので色んなコーディネートがしやすいですよ。このように男らしくクールにきめてもかっこいいですが、シャツとタイを合わせるスタイルも案外ハマるはず。

 

ショップでチェック

フードジャケットを少しかわいらしく

デニムのフードジャケットは、少し肌寒い時に役に立つアイテム。1枚持っていると、とっても便利ですよ。

 

このジャケットは、ボタンやポケットなどに遊び心を加えた、少しかわいらしい感じ。この写真のように、ボトムや靴を落ち着いたカラーで統一すると、大人の男性にもOK。

 

オフスタイルにぜひ取り入れてほしいです。

 

ショップでチェック

手の込んだショップコートを着こなす

Gジャンと同じく、作業着として作られたショップコート。

 

ビンテージ感を出したこのショップコートは、なんとも味わい深い1枚になりました。シルエットがとてもきれいなため、インナーとボトムスを黒で統一し、縦のラインを強調してあげると、スタイル良く見える、うれしいアイテムでもあります。

 

このようにパーカーを1枚足すことで、また違ったコーデも楽しめますよ。

 

ショップでチェック

ライトオンスのデニムパーカー

ジップパーカータイプのデニムジャケット。

 

しっかりとしたデニム生地ですが、とても外出先への持ち運びも便利です。フロントポケットのデザインなどにも凝った1枚。

 

こんなデニムはシャツスタイルで着こなしてほしいものです。ボトムスはベージュチノ、足元はデッキシューズをポイントで。きれいめカジュアルの完成です。

 

ショップでチェック