Gジャン コーデ

カラーGジャンの着こなし

Gジャンやデニムジャケットは、インディゴブルーやウォッシュ加工されたものが多いですが、さまざまなカラーのGジャンがたくさん登場しています。

 

ブラックやホワイトといった馴染みの深いモノトーンカラーはもちろんのこと、鮮やかなカラーもコーディネートのポイントとなり、案外使いやすいアイテムでもあるんですよ。

 

けれど、カラーGジャンを着こなす自信がまだないという方は、まずこちらから挑戦してみて。これはワンウォッシュのGジャン。カラーGジャンではないけれど、練習として。まったく色落ちしてないその質感や色、まるでシャツのようです。

 

写真ではアウターとして着用していますが、寒い季節にはこの上にウールコートを羽織っても似合うかも。細身のきれいなシルエットなので、ボトムスは選びません。

 

ショップでチェック

鮮やかなオレンジで一目をひく

バランスとシルエットがきれいなショート丈のGジャン。とても鮮やかなオレンジですね。

 

暖かくなってくる季節、こんなきれいなGジャンで注目を浴びてもらいたいです。1枚でインパクトのあるアイテムですから、他はいたってシンプルに。

 

オレンジが映えるほうに、ボトムスは少し濃いめを持ってきた方が、うまくいきます。ベルトのオレンジとリンクさせて。

 

ショップでチェック

マスタードはカジュアルに着こなす

これからの季節にぴったりのマスタードカラーのGジャン。

 

きれいなマスタードですが、着てみると派手ではなくしっくりくるのも、大人の男性にはポイント高いかも。

 

主役のGジャンを引き立たせるためにシンプルが基本ですが、ここではカジュアルに。ボトムスのデニムも程よい太さのある、リラックスできるものを選んで、休日スタイルを演出。

 

ショップでチェック

流行のストライプ柄を着こなす

流行のストライプがジップデニムと強力タッグ。襟元と袖のリブのカラーもポイントになっています。

 

このようなカジュアルにもきれいめにもコーディネートできるタイプは、シャツを合わせるのがおすすめ。ボトムスは深いグリーンなのですが、ボトムスにも色を持ってくる場合には、同系色のシャツと合わせると失敗しません。

 

ショップでチェック

深みのあるバーガンディーでシックに

なかなかありそうでなかった、バーガンディーカラーのGジャン。

 

こんなきれいなカラーですから、Gジャンを主役にしたコーディネートできめたいものです。Gジャンの色を目立たせるために、インナーに白のカットソーを。
インナーが暗めのカラーだと、主役のバーガンディーが目立たなくなるので注意して。

 

ボトムスは落ち着いたカラーのストレッチデニムを選択すれば、むずかしいスタイルも攻略可能。

 

ショップでチェック