Gジャン コーデ

モノトーンGジャンコーデ

カジュアルの代名詞ともいえるGジャンですが、カラーが違えば印象もがらりと変わります。

 

きれいめスタイルにも、さわやかコーデにも対応できるのが、ブラックとホワイトのGジャン。通常のブルーデニムの他に、この2色があれば、コーディネートの幅もグッと広がりますよ。

 

ブラックだときれいめスタイルにクールに、そして男らしく仕上がりますし、ホワイトだと爽やかに、スマートに仕上がります。黒、白と一言でいっても、グレーに近い黒やベージュに近い白など、色合いもさまざま。自分に似合うカラーを見つけましょう。

 

このブラックGジャンは着丈が絶妙なので、どんなコーデにもはまります。美脚チノと合わせれば、きれいめコーデの出来上がりです。

 

ショップでチェック

ホワイトが苦手な人は生成りでOK

真っ白が苦手な人っていますよね。目がくらみそうな眩しすぎる白はこの際おいておいて、こんな生成りはどうでしょう。

 

白の持つ清潔感は失わないまま、すっきりとしたコーディネートができます。ボトムはデニムなので、難しい着こなしですが、生成りGジャンだとデニムオンデニムも合わせやすくなりますよ。

 

ショップでチェック

少しかわいらしいフード付きデニムはモノトーンで

ビンテージ加工された、ライトオンスのとても着心地の良いブラックジップパーカーデニム。

 

フード付きを選ぶと、少しかわいい印象を受けがち。そこで全体をモノトーンで統一。クールにきめて。

 

インナーのシャツの柄がさりげないポイントになって素敵です。ボトムスのブラックデニムとの相性も良い、便利な1枚。

 

ショップでチェック

ホワイトで涼しげな印象を

白Gジャンはこれからの季節にぴったりの、涼しげなアイテム。

 

このGジャンは、ライトオンスの軽い素材。袖が7分丈なので、すっきりとした着こなしができます。こだわって作ったショート丈は、ボトムスに少しボリュームのあるアイテムを合わせたほうがしっくり、落ち着くと思いますよ。

 

カジュアルなコーディネートに、インナーのドレープをきかせて。

 

ショップでチェック

黒に近いグレーはオススメアイテム

黒という色は、実はかなり力強いカラー。女性も黒を着るときは、メイクが必須。ノーメイクでは黒という色に負けてしまうからです。

 

そんな強いカラーは苦手という人には、このようなグレーがオススメ。黒の持つクールなカッコよさはそのままに、全体を中和してくれます。

 

ボトムスはデニムは少し危険。相性の良いカーキのカーゴを選んで。

 

ショップでチェック