Gジャン コーデ

こだわりのデザインのGジャンを着こなす

最初に1枚持っていたいGジャンは、スタンダードなものがオススメでした。どんなコーディネートにも合わせやすく、イメージもすんなり変えやすい。では2枚目に手に入れるとしたら、ちょっと風変わりなものがいいかも。

 

他の人とかぶらない、少し個性的で差をつけられる、そんなGジャンを選んでみてください。例えばシワ加工をほどこしたこんなGジャン。ビンテージ加工で着倒した感じをうまく出していますが、プラスのシワがまた風味を加えてくれています。

 

Gジャンというよりは、まるでシャツのよう。インナーのボーダーを含め、ベルト、ボトムス、ブーツにいたるまで、すべてブラウン系でまとめたところがポイント。ぜひ試してみて。

 

ショップでチェック

フェイクフードでアメカジスタイル

フェイクフードがついた、使いまわせるGジャン。パーカーとデニムの組み合わせは最強だけど、これから暖かくなってくる季節、パーカーとの重ね着は暑すぎる。

 

そんな人のための便利な1枚です。ウエストが自然にしぼられているシルエットが、ほんとうにきれい。

 

チェックのシャツと合わせて、王道アメカジスタイルで着こなしてください。

 

ショップでチェック

モカでデニムをシックに着こなす

デニムのジップパーカーは、この季節とても活躍するアイテム、その中でも、落ち着いたカラー、モカに注目。

 

最近はネオンカラーが大流行していますが、デニムをシックに着こなすならこの色。ポイントはインナーとして合わせたシャツ。このシャツをブラックにしたことで、大人のカジュアルさを出すことができました。

 

ブラックのデニムで上下をつなげれば、背が高く見えるコーディネートになります。

 

ショップでチェック

ドンキー襟のGジャンはきれいめに着る

襟に特徴のあるこのGジャン。襟がスタンドアップカラーになっていて、リブ素材。ドンキー襟のデザインになっているんです。

 

周囲と差をつけることができる、高いデザイン性を感じさせます。そんなこだわりは、クルミボタンを採用しているところにも顕著に出ていますね。

 

そんなこだわりのGジャンはぜひきれいめに着こなしてほしいところ。カラーとデザインのおかげで、ボトムにがっつりデニムを持ってきても、すんなりとはまってくれますよ。

 

ショップでチェック

麻素材の涼しげなGジャンを主役に

麻が含まれている生地で作られた、とっても涼しげなGジャン。

 

なかなかないめずらしいアイテムですよね。暑くなる季節に爽やかに、そんなコーディネートができそう。その爽やかさを生かし、インナーは太目ボーダーをセレクト。

 

ボトムスは、これも涼しげなクロップドチノを。足元をサンダルできめれば、夏コーデの完成です。

 

ショップでチェック