Gジャン コーデ

Gジャンおすすめコーディネート

カジュアルに着こなすのは、お手の物のGジャン。誰もが取り入れやすいアイテムなので、インナーひとつでさまざまなコーディネートを楽しむことができます。

 

最近はカジュアルなコーデもきれいめが人気なようで、Gジャンもクールに着こなすとカッコいいかも。もちろん、王道のアメカジコーデも人気は相変わらず。

 

毎日のようにヘビロテしたい、Gジャンはそんなアイテムなのです。オススメのコーディネートとして、こんなモノトーンコーデで大人っぽくせめてみるのはどうでしょう。白は流行りですが、白は気後れしてしまう人に、こんな優しいアイボリーを。

 

全体的にモノトーンで統一しますが、ベルトと靴はブラウンを。やわらかに全体を中和してくれますよ。

 

ショップでチェック

 

インディゴブルーデニムをスラックスを合わせる

深い色味のインディゴブルー。シンプルでありながら、フロントデザインなどにこだわりが垣間見える、そんなGジャンです。

 

このきれいなインディゴを活かすために、とにかくきれいに着こなしましょう。ストンと落ちるきれいなシルエットのスラックスと合わせ、足元はレースアップブーツで。

 

ショップでチェック

 

 

流行のキレカジコーデできめる

きれいめカジュアルのお手本のようなコーディネート。

 

ウォッシュ加工されたGジャンをカジュアルではなく、きれいめに着こなすには、インナーとボトムスの選び方。こんな風に、シャツスタイルにチノをセレクト。
チノはベージュよりもネイビーの方が、引き締まってまとまるかも。

 

インナーとボトムスがしっかりとしていれば、靴はスニーカーでもきまるものです。

 

ショップでチェック

 

汚し加工おホワイトデニムを着こなす

さりげない汚し加工が施されているGジャン。

 

真っ白が苦手な人には、便利なアイテムです。汚し加工がされているので、だらしなく見えないようなコーディネートを心掛けたいものですね。

 

グレーのVネックカットソーと細身のカーゴですっきりと落ち着いた感じ。濃いめの色で統一すれば、Gジャンが引き立ちます。

 

ショップでチェック

デニムを1枚でさらりと着る

フード付きのデニムGジャン。ビンテージウォッシュ加工、ペンキ飛ばし加工などの他にも。

 

計算しつくされたシルエット、ポケットの位置など、とても凝ったデザインのGジャンです。インナーを着ても良いのですが、このきれいなシルエットを活かして、1枚で着てみてください。

 

ボトムスもラインのきれいなストレッチパンツを選んで。少し明るい色味の方がしっくりきそう。全体にぼやけた印象にならないように、ベルトでウエストマークするのを忘れないでください。

 

ショップでチェック